慢性閉塞性肺疾患

気管支疾患の「慢性気管支炎」と肺胞疾患の「肺気腫」は、重複して起きることが多く、併せて「慢性閉塞性肺疾患」と呼びます。最近ではCOPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)という病名でも知られるようになってきました。

慢性閉塞性肺疾患は、喫煙によるリスクが大きい疾患の代表例で、80〜90%は喫煙が原因で起こります。また、長期間にわたって喫煙していた人の約1〜2割が発症すると言われており、世界的にも喫煙率が高い国で患者数が多い傾向が見られます。

慢性気管支炎では、気管支や細気管支で慢性の炎症が起きていたり、気道の内側に分泌液が溜まったりするため、咳や痰の出る状態が長く続きます。肺気腫では、肺にある肺胞の組織が拡張して破壊され、肺機能が低下します。そのため坂道や階段の上り下りで息切れしたり、ちょっとした運動でも息苦しさを感じたりします。

治療法は、慢性気管支炎も肺気腫も大きな違いはありません。状態が安定していれば、気管支拡張薬やステロイド薬の吸入などの薬物治療、軽い運動などのリハビリテーションを行います。タバコを吸っている人は禁煙が必須です。重症で血管内の酸素が不足している場合には、酸素吸入を行う必要があります。自宅で酸素吸入する「在宅酸素療法」には健康保険が適用されています。

慢性閉塞性肺疾患は日本でも年々増加傾向にありますが、未診断や未治療の状態にある人が多いと考えられています。重症化を防ぐためには、スパイロメーターという検査機器を用いた呼吸機能検査や、胸部X線検査、CT検査などで早めに見つけて治療に結び付けることが大切です。


ページの先頭に戻る


■ 関連リンク